ニコニコ通り

漫画、木版画、イラストなどなど、製作中。

【Cafe Fatsch becomes Nobiko】

 

www.facebook.com

ついについに、情報公開になりました!
ドイツ、ケルンのCafé Fatsch というヴィーガンカフェにて、週に2回日本食を出してきたノビコディナー。


来年春からCafé Fatsch と合体し、カフェやケーキも楽しめる、うどんCafé & Barとして、生まれ変わります!


日本で、うどん居酒屋なら見た事あるけど、うどんカフェは見た事ない!それがここケルンで出来るって、なんかワケわかんないし可笑しいし面白すぎる、と思っていて。今、この早すぎる展開に驚きながらもワクワクしております。

 

Café Fatschは4年前に始まって、コレクティブで運営するというコンセプトの元、誰がトップという事もなく6人のメインスタッフが常に話し合いながら、進んできた。ヴィーガンであること、レイシズム、セクシズム、ファシズムなどの社会的暴力と向き合うこと、など日常の政治性を大切にしながら、多くの人が気軽に利用できるスペースを作り上げてきた。フェミニストの勉強会や政治的アクションに繋がるイベントの為にも無料でスペースを提供しているし、飲み物食べ物の値段もとてもリーズナブル。ボランティアで手伝ってくれる方も多く、店と客、という明確な区切りなく沢山の人と一緒に作り、支えられてきた、そんな場所です。


今年の春、Café Fatschの今後について話し合いが行われ、スタッフのそれぞれの事情や、経営状況も加味し、一旦今の形に終止符を打とうという事になり、その後を継ぐ形でノビコ続投が決まりました。
新ノビコは、Café Fatschで働いている1人のスタッフと、私と、相方のび太の3人で運営していく事になります。
今までのCafé Fatschは、昼〜夕方の営業だったのが、昼〜夜に変わり、アルコール類も提供するBARの要素も入れようと計画中です。
ささっとご飯が食べれるImbissでもあり、のんびり出来るカフェBARでもある、というのをイメージしています。Café Fatschの人気メニューであるFatschバーガーも存続します。

 

形は少し変わっても、誰がトップという事なくコレクティブでやっていきたいという気持ちは、一緒。そして今までのようにミーティングやイベントの為に場所を提供する事は出来ないけど(数は少なくなるという意味)、私たちなりの政治性を持って、やっていきたいという気持ちもあります。


例えば、使う食材は、産地のなるべく近いものを使う、という事や、値段を消費者の立場になって考える、という事。私たちが連帯を持つイベントやデモなどの情報が入る場所である事。
さらに、ここで働く者たちがこれで生活できる、という事。働く環境を納得いく形で作りたいというのは、大きな課題だなと思う。その為に必要な収入をいかにして得るか、をシビアに考えていかないといけない。
ある意味今のCafé Fatschもこの部分で限界はあったと思う。どうしても負担が偏り、働きまくってもお金が足りなかった。

 

苦労するのは目に見えているし、絶対にお金持ちになんてなれない。
でも今の状況や周囲の後押しで、めちゃくちゃ楽しい事になるんじゃないか、と思ってる。

 

今は設備が足りなくて、揚げ物がお店で出来ないけど、来年初めから始まる工事でクリアにさせ、天ぷらも出す予定。
やっぱりうどんのお供には天ぷらがなくてはね!
いや、分かりますよ。天ぷらは難しい。素人が何を言ってんだって。

 

でも、今は素人の時代なんで。
クックパッド最高!

 

がんばります!
さあ、忙しくなるぞー\(^o^)/!

2017年7月号

日本はもう8月に突入していると思いますが、ドイツは現在、7月31日21時34分なので、ぎり間に合ったということで。

7月の4コマ漫画です。

f:id:nicolaus92:20170801034458j:plain

 

いきなりどうした。

と、思われるでしょうが、この4コマ漫画を長年掲載していただいている広島の音楽喫茶ヲルガン座の、とある契機を知り、私なりの感謝の思いを馳せたものであります。

何がどうなったかは、ヲルガン座主宰ゴトウイズミさんのFacebookの記事を読んでみてくださいね。

www.facebook.com

ヲルガン座のある、古い雑居ビル。私もここの醸し出す雰囲気が大好きだ。

お店として見えるエリア以外にも、働いてる人しか行かないエリアというのがあって、雑然とした倉庫や薄暗く狭い階段やトタンから漏れる雨までも、いかにも雑居ビル!という感じでとても良いのだ。

その場所を守る、というために大きな覚悟を伴うとき、私のような外野はただ何も言わずに受け止めるしかない。

イズミさんの決断を知って、ただただ感謝でした。もちろん誰のためでもない、自分のためだというところがカッコイイ。

 

私は、ここドイツでうどん屋をやりたいという夢があり、今その夢は急速に進むかもしれない局面にきています。まだ詳しく書くことはできないけれど、ひとつの場所をもつ、そして守っていくということがどれだけ大変か、想像しては怖くなったりもする。

でも、それはきっと楽しいことだし、可能性に満ち満ちてるし、自分の力をめいっぱい注ぎたい、と思えることだ。

10年、また10年と歳を重ねるであろう音楽喫茶ヲルガン座。

まだ生まれてもいないケルンの小さなうどん屋。

 

全然違うけど、ヲルガン座は見つめ続けたい、大先輩のひとつです。

いつか広島に帰った時に、ステキな報告ができるよう、頑張ります。

 

 

 

ところで上の漫画、10年後だから私45歳なんだけど、ちょっと老けすぎ?なんか守りに入ってる?

こうならないよう、頑張ります。

 

 

2017年6月号

こんにちは。

すでに7月最終日なんですが、気にせず6月の4コマをアップしまーす。(気にしろよ!)

 

f:id:nicolaus92:20170731174620j:plain

ヨーロッパの夏!それは、ジメジメとした湿気もなく、頭が沸騰しそうな気だるい暑さもなく、とっても適温さわやかワーイ!

な感じかと思っていたけど、結構天気や気温の変化が激しく、暑かったり寒かったり雷雨だったりと、まあまあ振り回されています。

それでも日本の夏に比べると、全然過ごしやすいし、冷房なくても家が常に涼しいのは素晴らしい。石造りだからかな。

天気の良い日にライン川行って、ぼんやり寝そべったり、火を焚いて友達とおしゃべりしたり。そういう時間を多くの人が楽しんでいる。

ケルンに来て良かったなぁとしみじみ感じるポイント。

 

枝に手作りのパン生地を巻きつけて、焼いて食べるの、楽しいです。↓

f:id:nicolaus92:20170731183611j:plain

 

あと近況について少し。

6月半ばから、再び語学学校に通い始め、早1ヶ月とちょっと。

町が運営する公的な学校で授業料も安く、生活のため仕事のために受講している人が多い印象。前に3ヶ月行ってた学校はちょっと学生向きぽかった。

15人ほどいるクラスメートは、イラン、レバノン、シリア、イタリア、フランス、スペイン、ボスニアモンテネグロケニアなどなど出身国も様々で、そんな多様な人々と交流を持てることに、戸惑いつつも面白さを感じています。

授業中の居眠りが大の特技だった私が、オールドイツ語の一日4時間の授業で全く眠くならない。そしてギンギンに集中しても、50パーセント位しか理解できない。それでも意外と嫌にならないのは、わからなかった言葉がわかってくる瞬間の気持ちよさがあるからかな。実際学校に行き始めて、ちょっと自信がついたのか、周りの人と話す事が前より怖くなくなった。それが今の生活の中で一番嬉しいこと。

今は夏休み中なので、どんどん忘れてしまっているけどね、、、

 

そして目指すはドイツ語検定B1合格!年末ごろにテストがあり、それに受かれば年明けにドイツの歴史や法律について学ぶオリエンテーションコースを受け、順調にいけば来年2月頃にドイツでの居住権を保障されることになる。

まあ1回目ダメでも、2年の間に受かればいいので、まだまだチャンスはある。

 

ノビコディナーも相変わらず。うどん人気がどんどん上がっている気がする。

夏の冷たいうどんも好評だし、先日製麺機(パスタマシーン)も購入して、短時間で麺を量産できるようにもなったし、どんどんどんうどん、進んでいきます。

 

そして今週末から、2週間のノルウェー旅行!

初のスカンジナビア!蚊にビビりまくってますが、楽しんでくるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年5月号

さて、今回もドイツ語勉強の箸休め。

とってもどうでもいい知識と妄想をお送りします。

 

f:id:nicolaus92:20170515070759j:plain

 

日本語で「接吻」て言葉をフランクに使わないように、knutschenもあまり使わないみたい。

例えば、好きな人に「キスしてもいい?」なんて聞く場合は、もちろんküssenの方を使って、

"Darf ich dich küssen?"

でも「彼女、昨日君の彼とめっちゃキスしてたよ。」とちょっと大げさに表現する場合など、

"Gestern hat sie mit deinem Freund geknutscht."

とknutschenを使う事もある。knutschenは、ただのキスというより、抱きしめたりイチャイチャしているイメージも含まれているらしい。

 という事で、好きな人に対してknutschenを使うと、気持ち悪がられそうなので、気をつけよう!


5月のドイツ語はここまで。(もっとやらんかい!)


Schön Tag noch! Tschüss! 

「引き続き良い1日を!バイバーイ」


2017年4月号

ドイツ語の勉強について。

 

ドイツに長期間滞在するためには、統合コースというのに通い、最終的にB1レベル(自分の意見がちゃんと説明できる)のドイツ語習得が必須。

私も再び6月から、半年くらいはそのコースに通わなければいけない。大した収入もないので、ラッキーなことに学費も免除。テストに落ちたら、今度は自費になるという噂を聞いたので、ガンバラナイと!

今は週1回、無料で参加できる女性のみのドイツ語学習に通っていて、他の参加者の多くが難民だ。シリアから来た人が多く、アラビア語が教室内の公用語みたいになっている。素人の乱12号店でやっていたアラビア語講座、ちゃんと真面目に受けてたら今役にたってただろうなー。

 

言葉を学んでいくことは面白いことだと、学生していた時は全く思わなかった私だけど、たまに実感できるようになった。

文法はマジで知れば知るほど頭が痛くなるんだけど、感覚的に使われる言葉を知ると、嬉しくなる。感嘆詞や語尾は特にそうで、ガチガチのドイツ語のイメージが少し崩れて、安心する。

という事を描いた、4月の4コマ漫画がこちら!

Ta da~! (ジャーン!)

 

f:id:nicolaus92:20170429092954j:plain

 

ちなみに、相槌で使う「Aha, so」は日本語の「あ、そう」と意味も音も大体同じ。

ベラベラ喋る事を「Bra, Bra, Bra....」と言う。

筋肉ムキムキな人の事を「Mukiman」と言う。

簡単な挨拶や、語尾によくつける、「Na~?」は、たぶん日本語の「ね」とか「だね」みたいな意味。


遠く離れているけれど、イメージと音が繋がっていく過程の中で、どこかで影響しあってこうなったのか。それとも原始的に共通している音のイメージがあるのか。

または、全く違うイメージを持ってる事も面白い。

 

なんてことに思いを馳せて、文法から逃げている、私であった。

 

 

 

 

 

2017年3月号

もう遅れるのが当たり前になってきている4コマ漫画、3月号です。

どうもサボり癖がついてしまってイカンですね。

 

ノビコディナーで、隔週で出しているコロッケ定食について。

 

f:id:nicolaus92:20170429075755j:plain

「私はスープから飲みましたが、正しいですか?」と聞かれて、

最初の一口について聞かれているのかと思って、「?はい。まあ何からでもOKです。」

と答えてしまって、後でコース料理的な感覚で聞いていたことに気づいた。

味噌汁先に全部飲んでしまったら、後がちょっと物足りないよ!しまった。ちゃんと説明できず申し訳なかった。。

私は、味噌汁→ご飯→おかず→漬物→ご飯→味噌汁、みたいなローテーションで食べて、最後は全部のお皿が大体同じタイミングで無くなると、よし!キレイに食べたぞって思うけど、特に礼儀を気にして食べるものではないし、ぜひ好きに楽しんでほしい。

味噌汁に漬物をインしたって、全く問題ない!

 

でも礼儀でいうと、碗を持ってスープを啜ったり、ご飯をかきこんだり、音をたてたりは抵抗があるのか、時々とても食べにくそうにしている人もいる。

そんな人達には、大衆食堂で育ち盛りの若者や、土方姿のおっちゃんが威勢良く定食をかっ食らう姿を見せてあげたい。日本でも礼儀が云々と文句を言う人がいるだろうが、人目を気にせず、趣くままに箸を走らせ、夢中で食べるのが一番美味しそうな食べ方に決まっている。

 

ちなみに、スプーンとフォーク要る?と聞いても、大体の人は「要らない」と言う。箸で食べるのも、日本食を楽しむ一つのイベントのようなものなんだろう。

小さいお皿がたくさん並ぶのも、素敵ポイントらしく、持っていっただけでテンション上がってる人もいる。

日本だとワンプレートに色々のってる方が、なんかオシャレに見えるけどな。

 

色々、食文化やスタイルの違いがわかって面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノビコディナーのこと

なんという事!もう4月ではないか。

なんやかんやと忙しく、でも全然辛くはない生活をドイツで送っています。

やっぱり明日何時に起きるかを自分で決めれる生活は、素晴らしい。フルで会社勤めしていた頃は、何時に来てくれと言われ、本当は行きたくないけどそれに合わせて早く起きて、仕事が終わるまで耐え、の繰り返し。仕事はきつくなかったけど、精神的に辛くなった。今は、すごく大変だけど辛くはない。

今、私の生活の中心は、週に2回のノビコディナー。営業は週2日19時〜22時の計6時間だけど、その準備の為に、結局週4〜5日働いている。空いた時間にドイツ語の勉強をしなきゃなんだけど、これはかなりサボっている。

 

今回はノビコディナーについてもうちょっと詳しく書きます。

ノビコディナーは、ケルンのカルクという街にある、Cafe Fatschというヴィーガンカフェでやっています。元々営業していなかった時間帯に借りていて、場所代はゼロ。その代わり、Fatschのドリンクやケーキをノビコディナーの時間も売っている。Fatschにとっては、売るチャンスが増えること、カフェの宣伝にもなる事がメリットになる、という仕組み。

このカフェの営業形態がちょっと変わっていて、オーナー及びメインスタッフは6人で、共同運営という形で常に話し合いながら営業している。でも全員がこれで給料をもらっている訳ではなく、別で仕事を持っている人もいれば学生もいて、その他にボランティアさんも沢山いて、週末は完全ボランティアで営業するので、平日メインで給料もらって働いている人も一応休むことができる。イベントをやったりミーティングをやったり、素人の乱12号店のような役割もあるので、お店とサロンが一緒になったような場所って感じ。

そして、のび太もFatschのスタッフの一員なので、基本的にFatschの企画の一つとしてノビコディナーがある、という感じが正しいかも。

f:id:nicolaus92:20170401213617j:image 

Fatsch店内。お洒落で、アットホームな雰囲気があって、優しい場所。ヴィーガンである事は、より多くの人が食べれるという事。アレルギーにもなるべく配慮しているし、お金がない人のために、ご自由にお取りください貯金箱もある。毎日来る常連さん、こども連れのお母さんグループも多い。

f:id:nicolaus92:20170401213653j:image

そういう場所で展開している日本食レストラン、ノビコディナー。

私たちはヴィーガンではないが、コンセプトは理解できる。この社会でシステマティックに肉や魚が大量消費され、生物が犠牲になり、環境も破壊されている事を意識するのは、大切だと思う。でも作る人来る人がヴィーガンかどうかは全くどうでもいい。お店としては、主義を超えてより多くの人が食べれるという点にもっと意味を感じるし、個人的には、制限がある分料理に工夫のしがいがある、という事もある。

因みにヴィーガンは今ドイツで流行ってて、ビジネスになるので大手精肉会社もヴィーガンソーセージとか出しているし、ヴィーガンの重要食材にも大量生産の闇が存在する。その一方で、ある統計では、ヴィーガンはネオナチよりも嫌われているんだそうだ。独裁主義者より嫌われるなんて、かわいそうすぎる。やっぱり私たちはヴィーガンで日本食を作って、より多くの人に楽しんでもらいたい。

そしてもう一つ。ノビコディナーが大切にしているコンセプトに、「なるべく近場の素材を使う」というのがある。

ドイツに来て、あまりになんでも買える事に驚いた。アジアンスーパーに行けば、日本、中国、韓国、ベトナムなど、アジアの食材が色々手に入るし、トルコスーパーは街の至る所にあるし、南米やアフリカからの南国フルーツもいつでも食べれる。

そして、それらの輸入品を買う方が、ローカルなものを買うより大体安い。運搬コストやエネルギーがその分かかっていても、安い労働力で大量生産されていれば、安くで買えてしまう。どんだけ搾取してんだよコノヤロー!って事で、買い物をする時は、どこで作られたのかを必ずチェックする。ドイツは輸入大国なので、国産で揃えるのは難しいけど、なるべくヨーロッパ内で作られたものを使うようにしている。

 f:id:nicolaus92:20170401214122j:image

f:id:nicolaus92:20170401214232j:image

↑ノビコディナーのメニュー

今、うどんとコロッケ定食を隔週で出していて、毎週使う昆布とワカメは、アイスランド産だ。日本産の方が安いけど、安全性から言ってお店で使うのはNGらしい。それにアイスランドの昆布とワカメ、めちゃ美味しい。

醤油はキッコーマン。日本企業だから使っているのではなく、オランダの工場で作られているから、というのが最重要ポイント。

豆腐はドイツのオーガニック豆腐。硬めの豆腐か、絹豆腐しかなく、日本の木綿くらいのがないのは少し残念だけど、とても美味しいので満足。

味噌は日本のを使っているけど、一度ドイツで作ってる味噌を試しに買ってみたら、すっごく美味しかった。ドイツの気候で大豆を育てるのは大変なので、代わりにLupinenという植物の実を使って作られたもので、使いたくてしょうがないけど、とてつもなく高く、手が出ない。

そしてうどんは、ヨーロッパの小麦粉で手作りしている。これがまた手間がかかるのなんの。40人分のうどんを作るのに、約7時間かかる。材料費はかなり安いけど、労働時間考えると、完全に麺を買った方がコスパが良い。でも手作りのうどんはとても美味しいし、そんな事をやるお店は他にはないので、続けたい。でも毎日営業することになったら、さすがに手打ちはきついので、製麺機を購入することを検討中。

 f:id:nicolaus92:20170401214430j:image

どうしてもアジアからの輸入品に頼らざるを得ないものもあるけど、作れるものはなるべく作りたい。今のところ油揚げも手作りだし、紫蘇ふりかけやうどんにかける三味唐辛子(唐辛子・紫蘇・ごま)も自分たちでブレンドして作ってる。

野菜も、紫蘇や水菜や春菊を自分たちで作れたら最高なので、今Fatschの裏庭を大改造して畑にしようとしている。

 f:id:nicolaus92:20170401214514j:image

興味のある人は手伝ってくれるし、その代わりにノビコディナーのご飯をタダにして、お金じゃなくて、手と手で回る感じが最高だなぁと思います。

 

ノビコディナーやっていて、バイトやめる学校でヒカルさんが言ってた事をよく思い出す。めっちゃ手間かけてちょっと稼ぐ。まさに今そんな感じでなんとかなっている。

何が商売になるか?という話も、日本食もヴィーガンも人気だけど、二つがセットになったお店はあまりないので、需要と供給が成り立っている。コロッケとか皆大好きなのに、普通は卵使ってるし家で作るのは面倒だしで、めっちゃ喜ばれる。

(ドイツでのコロッケ商売は、江上さんが昔言ってた事だけど、お先にやらせてもらいました。ありがとう江上さん!)

値段についても、日本食レストラン行ったらラーメン・うどんは大体9ユーロから11ユーロは当たり前で、天丼味噌汁付きが17ユーロとかなので、気軽に食べれるものではないが、ノビコディナーは5ユーロから8ユーロの選択制で、これはよく食べられてるピザやケバブや中華料理と同じくらい。

麺もスープもいろいろ手作りで、この値段は安いので、選択制にしても大体の人が7ユーロ、8ユーロ、余裕のある人は10ユーロ払う。

メインのご飯の他にメロンパンも作っていて、これもまあ手間がかかる。でもみんな菓子パンにそんなお金払いたくないだろうから、お値段は1.5ユーロ。ほぼ情熱のみで続けている。

f:id:nicolaus92:20170401221132j:image

飲食でやっていくのに、多分一番大きな収入はドリンク代だと思うけど、ノビコディナーにはそれがない。完全ご飯のみで、1ヶ月で大体1000 ユーロ(12万くらい)はプラスになっている。週に6時間の営業でこれだけ稼げるのなら、ちゃんとお店を出しても、イケるのでは?と夢を馳せる。

決して金持ちにはなれないだろうけど、こんな感じで生活できたらいい。きっと、面白いことになる。大変だけど、すごく楽しいと思う。

 

新宿駅東口にあるBERGは、ドイツ語で「山」という意味で、ドイツ料理出してて、でもソーセージやパンも確か日本の生産者から仕入れていたと思う。全部じゃないかもしれないけど。その意味について、ちゃんと聞いたことはないけど、ドイツ料理だからといってその国のレーベルを掲げることには、なんの意味もないので、同じような事を私たちもやりたいと思っている。

 

ドイツでBERGをやりたい。

簡単にいうと、そういう事なのかもしれない。

 

ノビコディナーFacebook

ノビコディナーInstagram