読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコニコ通り

漫画、木版画、イラストなどなど、製作中。

2015年6月ドイツ旅行⑦ 〜ベルギー〜

旅行記

島国から来た私たちとしては、国境を地続きで越える憧れは、やはりある。国境を越える=海外旅行ではないのだな、と当たり前な事を実感する。

ケルンから電車で約1時間程で、もうそこはベルギーなのである。いつの間にか、挨拶は「ボンジュール」になっていて、持っていたWifi機器は使えなくなってしまった。

いやそりゃそうなんだけど、いつでも調べれるっしょ!という余裕かまして、最初に降り立つ街リエージュでどう動くか、何も考えてなかった私。リエージュは私が行きたいと言い出したので、何も調べてないハナちゃん。駅のFree wifiも何故かつながらない。

日本なら、行き当たりばったりで動くのも楽しいっしょ!と言えるが、ここは言葉も文化も分からないベルギー。とりあえず、やたら近代的なリエージュ駅にて、街へ行くための地図をゲットする!というリアルRPGが始まった。

f:id:nicolaus92:20150803165912j:plain

 

人に聞きまくって1時間かけてやっと地図をゲットした時の喜びといったら!

やっとリエージュの概要が分かり、バスで中心街へ行ってみる事に。バスの運転手に「ここに行きたいんだけど、いくら?」と聞くと、「着いたら教えるよ」と言ってくれ、いざ着いたら「お代はいらないよ!」とウインク☆!や、やさしい!!!

やっと中心街に出て、まずはお昼ご飯。ハンバーガーを頼んだらフランスパンに挟むスタイルだった。で、でかい!

f:id:nicolaus92:20150803170111j:plain

 

リエージュは古い街で、ノスタルジー漂う路地や、歴史を感じる建物の風合いにとてもぐっときた。自由気ままに動き回って、写真を沢山撮りたい!でも何故かやりにくい。

f:id:nicolaus92:20150803170248j:plain

f:id:nicolaus92:20150803170336j:plain

f:id:nicolaus92:20150803170448j:plain

f:id:nicolaus92:20150803170613j:plain

多分それは、治安の問題もあるけど、アジア人が少ないせいか、周りから珍しそうな眼で見られていたからだと思う。ドイツでもちょっとそんな事があって、面白いな〜と思ったけど、リエージュはもっと強くて、地元の若者にからかわれたり、老人に疎まれるような態度をとられたりしたので、「あ、そうか。彼らにとって、私たちは異物なんだな」と感じ、少し居心地が悪かったのだ。

その感覚は、悲しいというよりも、興味深かった。人種に囚われる事は間違ってると思う一方で、同族意識に頼っている部分は自分にもあるし、誰にでもある。日本でも、意味もなく外国人を疎んだりからかったりする輩は絶対にいる。

結局は、人と人とのコミュニケーションがないと、壁はなくならないんだな。地図のある場所を教えてくれた売店のおばあちゃん、気前のいいバスの運転手さん、ハンバーガー屋のお姉さん。ちょっとしたコミュニケーションでイメージはガラッと変わるものだ。それは勿論、リエージュのイメージではなく、個々人へのイメージである事を忘れないようにしよう。良いのも悪いのも同様に。

 

行きたいところも特にないので、街をぶらぶら散歩して、リエージュの名物ともなっている石階段にも、なんとなく上ってみた。

f:id:nicolaus92:20150803170722j:plain

f:id:nicolaus92:20150803170807j:plain

まあ、次の日筋肉痛で苦しむことは言うまでもない。。。

 

夕方には、再び電車に乗って約1時間。ベルギーの首都ブリュッセルに到着!

ここがまぁ、THE観光地!!若干心細くなっていた私たちは、水を得た魚のように、心置きなく写真を撮り、キャーキャー言いながら、動き回った笑。

なんとなく人の流れについていってみると・・・、

世界3大がっかり観光名所の一つ、小便小僧!やっぱりね!

f:id:nicolaus92:20150803170854j:plain

日本の浅草のように、観光地ビジネスがひしめいていて、数メートル置きにチョコレート屋とワッフル屋があり、ゲスい土産物屋も沢山!いいね〜、こういうがっついたエネルギー、好きだわ。全然オシャレじゃないところが◎。

f:id:nicolaus92:20150803170932j:plain

f:id:nicolaus92:20150803171016j:plain

ブリュッセルの象徴的な広場、グラン・プラスは沢山の人で賑わっていて、広場の真ん中で飲み会をやっている人もいた。大道芸をやってる人もいて、皆ノリがいい。都会ならではのこのまとまりない感じ、ほっとする。

 

f:id:nicolaus92:20150803171112j:plain

f:id:nicolaus92:20150803171158j:plain

f:id:nicolaus92:20150803171233j:plain

晩ご飯は、エクスキというファーストフードで食べたんだけど、これがめちゃ美味しくて。よっしゃ!スーパーで、チョコレートとビールとチーズを買って、ホテルでガールズトークに花咲かせながら晩酌じゃあ!と思ったら。

ビールとチーズがクソまずくて、大笑いした。

 ホテルは広場のすぐ近くにあり、ストリートミュージシャンの生音が遅くまで聴こえて、それがとても心地よかった。

 

次の日、ホテルの朝ご飯で食べたチーズはとても美味しく、昼ご飯に飲んだベルギービールもスーパー美味しくて、ただ私たちの引きが悪かっただけだと判明。誤解が解けて良かった。

 クソまずかったビールはこちら!チョコレートはとても美味しく戴きましたよ。

f:id:nicolaus92:20150803171735j:plain

 

ベルギーは何気に漫画王国。近くにコミックミュージアムがあるというのをホテルマンに教えてもらい、行く事に。

漫画の発祥から現代の作品まで分かり易く展示してあって、結構楽しめた。教育漫画、歴史漫画、SF漫画などジャンル毎に色んな作品が紹介されていて、中でもBoerkeという、サイレント漫画がブラックで面白かった。

f:id:nicolaus92:20150803171426j:plain

f:id:nicolaus92:20150803171506j:plain

ベルギーの有名な漫画、タンタンとスマーフの展示はやはり常設であって、その真ん中に何故かポルコがポツーンと立っていたので、とりあえず抱きしめときました。

f:id:nicolaus92:20150803171640j:plain

 

チョコレート物色したり、ワッフル食べる?食べない?とウダウダしているうちに、帰る時間が近づいてきた。ハナちゃんとは、ここでお別れ。

英語のできる彼女のおかげで、どれだけ助けられたか。同じ日本にいても滅多に会わない私たちが、ドイツとベルギーで時間を共有出来たというのが、新鮮だった。

 

因みにワッフルはお腹いっぱいで食べれませんでした!

1泊2日の小旅行が終わり、私は再びケルンへ!

ドイツ旅行⑧につづく!