読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニコニコ通り

漫画、木版画、イラストなどなど、製作中。

ノビコディナーのこと

なんという事!もう4月ではないか。

なんやかんやと忙しく、でも全然辛くはない生活をドイツで送っています。

やっぱり明日何時に起きるかを自分で決めれる生活は、素晴らしい。フルで会社勤めしていた頃は、何時に来てくれと言われ、本当は行きたくないけどそれに合わせて早く起きて、仕事が終わるまで耐え、の繰り返し。仕事はきつくなかったけど、精神的に辛くなった。今は、すごく大変だけど辛くはない。

今、私の生活の中心は、週に2回のノビコディナー。営業は週2日19時〜22時の計6時間だけど、その準備の為に、結局週4〜5日働いている。空いた時間にドイツ語の勉強をしなきゃなんだけど、これはかなりサボっている。

 

今回はノビコディナーについてもうちょっと詳しく書きます。

ノビコディナーは、ケルンのカルクという街にある、Cafe Fatschというヴィーガンカフェでやっています。元々営業していなかった時間帯に借りていて、場所代はゼロ。その代わり、Fatschのドリンクやケーキをノビコディナーの時間も売っている。Fatschにとっては、売るチャンスが増えること、カフェの宣伝にもなる事がメリットになる、という仕組み。

このカフェの営業形態がちょっと変わっていて、オーナー及びメインスタッフは6人で、共同運営という形で常に話し合いながら営業している。でも全員がこれで給料をもらっている訳ではなく、別で仕事を持っている人もいれば学生もいて、その他にボランティアさんも沢山いて、週末は完全ボランティアで営業するので、平日メインで給料もらって働いている人も一応休むことができる。イベントをやったりミーティングをやったり、素人の乱12号店のような役割もあるので、お店とサロンが一緒になったような場所って感じ。

そして、のび太もFatschのスタッフの一員なので、基本的にFatschの企画の一つとしてノビコディナーがある、という感じが正しいかも。

f:id:nicolaus92:20170401213617j:image 

Fatsch店内。お洒落で、アットホームな雰囲気があって、優しい場所。ヴィーガンである事は、より多くの人が食べれるという事。アレルギーにもなるべく配慮しているし、お金がない人のために、ご自由にお取りください貯金箱もある。毎日来る常連さん、こども連れのお母さんグループも多い。

f:id:nicolaus92:20170401213653j:image

そういう場所で展開している日本食レストラン、ノビコディナー。

私たちはヴィーガンではないが、コンセプトは理解できる。この社会でシステマティックに肉や魚が大量消費され、生物が犠牲になり、環境も破壊されている事を意識するのは、大切だと思う。でも作る人来る人がヴィーガンかどうかは全くどうでもいい。お店としては、主義を超えてより多くの人が食べれるという点にもっと意味を感じるし、個人的には、制限がある分料理に工夫のしがいがある、という事もある。

因みにヴィーガンは今ドイツで流行ってて、ビジネスになるので大手精肉会社もヴィーガンソーセージとか出しているし、ヴィーガンの重要食材にも大量生産の闇が存在する。その一方で、ある統計では、ヴィーガンはネオナチよりも嫌われているんだそうだ。独裁主義者より嫌われるなんて、かわいそうすぎる。やっぱり私たちはヴィーガンで日本食を作って、より多くの人に楽しんでもらいたい。

そしてもう一つ。ノビコディナーが大切にしているコンセプトに、「なるべく近場の素材を使う」というのがある。

ドイツに来て、あまりになんでも買える事に驚いた。アジアンスーパーに行けば、日本、中国、韓国、ベトナムなど、アジアの食材が色々手に入るし、トルコスーパーは街の至る所にあるし、南米やアフリカからの南国フルーツもいつでも食べれる。

そして、それらの輸入品を買う方が、ローカルなものを買うより大体安い。運搬コストやエネルギーがその分かかっていても、安い労働力で大量生産されていれば、安くで買えてしまう。どんだけ搾取してんだよコノヤロー!って事で、買い物をする時は、どこで作られたのかを必ずチェックする。ドイツは輸入大国なので、国産で揃えるのは難しいけど、なるべくヨーロッパ内で作られたものを使うようにしている。

 f:id:nicolaus92:20170401214122j:image

f:id:nicolaus92:20170401214232j:image

↑ノビコディナーのメニュー

今、うどんとコロッケ定食を隔週で出していて、毎週使う昆布とワカメは、アイスランド産だ。日本産の方が安いけど、安全性から言ってお店で使うのはNGらしい。それにアイスランドの昆布とワカメ、めちゃ美味しい。

醤油はキッコーマン。日本企業だから使っているのではなく、オランダの工場で作られているから、というのが最重要ポイント。

豆腐はドイツのオーガニック豆腐。硬めの豆腐か、絹豆腐しかなく、日本の木綿くらいのがないのは少し残念だけど、とても美味しいので満足。

味噌は日本のを使っているけど、一度ドイツで作ってる味噌を試しに買ってみたら、すっごく美味しかった。ドイツの気候で大豆を育てるのは大変なので、代わりにLupinenという植物の実を使って作られたもので、使いたくてしょうがないけど、とてつもなく高く、手が出ない。

そしてうどんは、ヨーロッパの小麦粉で手作りしている。これがまた手間がかかるのなんの。40人分のうどんを作るのに、約7時間かかる。材料費はかなり安いけど、労働時間考えると、完全に麺を買った方がコスパが良い。でも手作りのうどんはとても美味しいし、そんな事をやるお店は他にはないので、続けたい。でも毎日営業することになったら、さすがに手打ちはきついので、製麺機を購入することを検討中。

 f:id:nicolaus92:20170401214430j:image

どうしてもアジアからの輸入品に頼らざるを得ないものもあるけど、作れるものはなるべく作りたい。今のところ油揚げも手作りだし、紫蘇ふりかけやうどんにかける三味唐辛子(唐辛子・紫蘇・ごま)も自分たちでブレンドして作ってる。

野菜も、紫蘇や水菜や春菊を自分たちで作れたら最高なので、今Fatschの裏庭を大改造して畑にしようとしている。

 f:id:nicolaus92:20170401214514j:image

興味のある人は手伝ってくれるし、その代わりにノビコディナーのご飯をタダにして、お金じゃなくて、手と手で回る感じが最高だなぁと思います。

 

ノビコディナーやっていて、バイトやめる学校でヒカルさんが言ってた事をよく思い出す。めっちゃ手間かけてちょっと稼ぐ。まさに今そんな感じでなんとかなっている。

何が商売になるか?という話も、日本食もヴィーガンも人気だけど、二つがセットになったお店はあまりないので、需要と供給が成り立っている。コロッケとか皆大好きなのに、普通は卵使ってるし家で作るのは面倒だしで、めっちゃ喜ばれる。

(ドイツでのコロッケ商売は、江上さんが昔言ってた事だけど、お先にやらせてもらいました。ありがとう江上さん!)

値段についても、日本食レストラン行ったらラーメン・うどんは大体9ユーロから11ユーロは当たり前で、天丼味噌汁付きが17ユーロとかなので、気軽に食べれるものではないが、ノビコディナーは5ユーロから8ユーロの選択制で、これはよく食べられてるピザやケバブや中華料理と同じくらい。

麺もスープもいろいろ手作りで、この値段は安いので、選択制にしても大体の人が7ユーロ、8ユーロ、余裕のある人は10ユーロ払う。

メインのご飯の他にメロンパンも作っていて、これもまあ手間がかかる。でもみんな菓子パンにそんなお金払いたくないだろうから、お値段は1.5ユーロ。ほぼ情熱のみで続けている。

f:id:nicolaus92:20170401221132j:image

飲食でやっていくのに、多分一番大きな収入はドリンク代だと思うけど、ノビコディナーにはそれがない。完全ご飯のみで、1ヶ月で大体1000 ユーロ(12万くらい)はプラスになっている。週に6時間の営業でこれだけ稼げるのなら、ちゃんとお店を出しても、イケるのでは?と夢を馳せる。

決して金持ちにはなれないだろうけど、こんな感じで生活できたらいい。きっと、面白いことになる。大変だけど、すごく楽しいと思う。

 

新宿駅東口にあるBERGは、ドイツ語で「山」という意味で、ドイツ料理出してて、でもソーセージやパンも確か日本の生産者から仕入れていたと思う。全部じゃないかもしれないけど。その意味について、ちゃんと聞いたことはないけど、ドイツ料理だからといってその国のレーベルを掲げることには、なんの意味もないので、同じような事を私たちもやりたいと思っている。

 

ドイツでBERGをやりたい。

簡単にいうと、そういう事なのかもしれない。

 

ノビコディナーFacebook

ノビコディナーInstagram